アルコバレーノblog

笑顔あふれる家造り

*

体を温める陶板浴 ~竹屋陶板浴訪問~

   

LINEで送る

先週、茨城県龍ケ崎市にある、竹屋陶板浴様に伺いました。
こちらはわたし共の陶板浴グループでは一番規模が大きく、大変多くのお客様がいらしてます。毎月いろいろなイベントをされており、たくさんの方が参加されているいます。

竹屋陶板浴

建物に入る通路は自然に囲まれていて、トトロが出てきそうな柔らかい感じの木々と、その雰囲気と調和のある建物です。ローズマリーやペパーミント等たくさんのハーブが気持よさそうに育っています。店舗内にはカフェコーナーがあり、いらした方が出来るだけリラックできる事に重視してお店づくりをされていることが、お客様の笑い声や従業員の方の接客を見ていてもよくわかります。(竹屋陶板浴だよりや社長のお話はこちらから)

 

陶板浴という言葉をよくご存知の方もいるかと思いますが、知らない方に簡単にご説明しますと、リバース工法を最大限に駆使してよい空気を体内に取り入れ、体を芯から温める温熱施設です。
この竹屋陶板浴店さんだけでなく、全国には私たちの仲間の陶板浴店はたくさんあります。(お近くの店舗はこちらから)

最近は低体温の方が多いと聞きますが、免疫学で有名な安保徹先生も、体を温めることで免疫力が上がると仰っています。逆に言えば体を冷やすと免疫力が下がってしまうのです。一般的に体温が1℃下がると免疫力は30%以上下がると言われ、1℃上げると5倍以上あがると言われています。

元気

体温を上げるには生姜などの体を温める食べのものを積極的に取ったり、半身浴などが一般的ですが、陶板浴は体を芯から温めることができるのでとても効果的です。陶板浴に定期的に通われている方はほぼみなさん、基礎体温が上がったと仰っています。

陶板浴にはさまざまな難病の方やアトピー、慢性疲労や不妊症などいろいろな方たくさんいらっしゃっています。中でもガンを患われている方がおおくいらっしゃいます。がん細胞は熱に弱いため、体温を上げる温熱治療を取り入れている医療機関も多数あるくらいで、薬や手術をさけている方はこうした温熱治療法をされている方も多くいらっしゃいます。
陶板浴はこうした治療とは別に、たくさんの方がいらっしゃっております。(※一部医療機関では治療として使われています。

もちろん健康な方が体を温めることは、健康維持にとても良い事です。

good 特に今の季節は、夏場に冷たいものを食べたり飲んだりして体を冷やしています。冷房のよく効いた電車で移動して、冷えた室内で勉強や仕事をしている方も多いのではないでしょうか。
夏場をこうして過ごしていると、秋から冬にかけてその冷えが蓄積され体調を崩してしまうことがあります。

昔の人は「冷えは万病の元。」とか「夏に暑い物を飲むように。」と言っていたのは、経験としてこうした事をわかっていたのかもしれません。

おばあちゃん

免疫力を上げるには免疫細胞が活性しないといけません。この免疫細胞は腸と密接な関係があります。それは腸内にある酵素がとても重要な役割を担っているのです。
次回はこの話を少しさせて頂きたいと思います。

 - 体を温める, 抗酸化陶板浴, 未分類, 酵素 ,

  関連記事

陶板浴
抗酸化陶板浴ひだまり

ご無沙汰しております。先日神奈川県小田原市に昨年夏オープンしました「抗酸化陶板浴 …

七草粥
有機野菜もいろいろあるのですね。

お正月気分も随分抜け、先週は七草でしたね。私も頂きました。 無病息災や豊年を祈る …

竹屋9周年
竹屋陶板浴9周年記念イベント

竹屋陶板浴9周年記念イベント   に行ってまいりました。   …

エアコン
夏こそ「温活」(おんかつ) ~冷えは万病の元~

猛暑も一休みでもうお盆ですね。 外から戻って「クーラーの効いた室内で冷たいものを …

色彩工房
白川太郎先生講演会in富山 ~レモンホーム 色彩工房~

先週末に富山にいってきました。 レモンホーム色彩工房藍様が北日本新聞の後援を受け …

薬が病気を作る
宇田川先生が受賞されました。

東久邇宮文化褒章を受賞   先日、賛助会員として弊社が所属している「N …

テラセラミックス還元水素水用
緊急告知!!

ちょっと宣伝させて頂きます。 以前から水をまろやかに、美味しくするテラセラミック …

ファスティング
腸内環境 酵素について

最近ファスティングと言う言葉をよく耳にするようになってきました。 日本語でいう「 …

白川太郎先生
アレルギーの原因に関して。              ~白川太郎先生講演会~

花粉症まっただ中ですが、抗酸化リバース工法の研究会が茨城であり、りふれくらぶの顧 …

笑い
陶板浴店の集まり ~りふれくらぶ~

先日全国の陶板浴店の方が集まっての、研修と会合がありました。 病と心は密接な関係 …